経営形態 記念館時代区分 年号 西暦 主な出来事 日本の動きと当時の画像
個人商店時代 創業期 明治7 1874 鈴木岩治郎、弁天浜に洋糖引取商「辰巳屋」(商標はかね辰)を暖簾分け開業(鈴木商店の創業) 関連画像を見る
明治10 1877 西田よね、鈴木岩治郎に嫁す
二代目岩治郎誕生
明治17 1884 鈴木岩蔵誕生
店主岩治郎 貿易会所(神戸)副頭取に就任、以降実質頭取として活躍
明治18 1885 柳田富士松入店す
明治19 1886 神戸有力八大貿易商の一つに発展
金子直吉、21歳にて鈴木商店に入店
産業への芽生え(軽工業中心) 明治27 1894 先代岩治郎病没
よね未亡人を助け、金子直吉と柳田富士松が経営にあたる
西川文蔵入店
日清戦争勃発
明治28 1895 「小松組」を組織して台湾使節団を派遣(鈴木商店の台湾進出第一歩) 下関条約
(台湾が日本領に)
関連画像を見る
明治30 1897 資本金10万円となる
明治33 1900 台湾の樟脳販売権を台湾貿易会社と共に許可せらる(後藤新平との出会い)
神戸・樟脳製造所(後の日本精化)設立(神戸市旭通り)
日本教育保険(明治29年設立)を日本教育生命保険(後の大正生命)に改称し系列化する
関連画像を見る
明治34 1901 官営製鉄所(後の八幡製鉄所)操業開始
合名会社時代 明治35 1902 10月1日、合名会社に改組(代表社員・鈴木よね、社員・金子直吉、柳田富士松、栄町通4丁目45、資本金50万)
鈴木商店最初の本格的工場・薄荷工場(後の鈴木薄荷)設立
関連画像を見る
明治36 1903 北九州大里地区への進出、大里製糖所(後の関門製糖)設立
小林製鋼所(後の神戸製鋼所)に投資
住友樟脳製造所を買収し、直営樟脳製造所(後の日本精化)とする(神戸市葺合町)
関連画像を見る
事業の多角化(重化学工業への進出) 明治37 1904 3月31日本社移転登記(栄町通4丁目→栄町通3丁目7) 日露戦争勃発 関連画像を見る
明治38 1905 小林製鋼所を買収し、神戸製鋼所と改称 関連画像を見る
明治39 1906 東亜製粉(後の日本製粉)買収
東京毛織(後の三菱レイヨン)設立
関連画像を見る
明治40 1907 大里製糖所を大日本製糖(後の大日本明治製糖)へ売却
東レザー(後の帝人、ニチリン、東洋ファイバー)買収
東洋製糖(後の大日本明治製糖)、塩水港製糖(後の三井製糖)に出資
日韓条約&日露協約 関連画像を見る
明治41 1908 西川文蔵本店支配人に就任
日本セルロイド人造絹糸(後のダイセル)共同出資設立
東洋塩業(後の日塩)買収
東レザーを東工業に改称
関連画像を見る
明治42 1909 高畑誠一、永井幸太郎、依岡省輔入社
日本商業(後の日商、日商岩井、双日)設立
札幌製粉(後の日本製粉)買収
日糖事件 関連画像を見る
明治43 1910 北港製糖(後の大日本明治製糖)設立
東洋塩業を台湾塩業に改称
帝国帆船海上保険(明治41年設立)を東洋海上保険(後のミレアホールディングス)に改称し系列化
日沙商会設立
関連画像を見る
明治44 1911 神戸製鋼所を分離独立
依岡省輔が神戸製鋼所取締役に就任
日沙商会・依岡省三死す
大里製粉所(後の日本製粉)設立
関連画像を見る
明治45
(大正元)
1912 高畑誠一ロンドン支店長に
関東洲普蘭店塩田開設。斗六製糖設立
帝国麦酒(後のサッポロビール)設立
明治天皇崩御 関連画像を見る
大正2 1913 大正生命保険(後のプルデンシャル ジブラルタル ファイナンシャル生命保険)設立
東亜煙草買収
関連画像を見る
大躍進期 大正3 1914 金子直吉一斉買い出動指示(BUY ANY STEEL, ANY QUANTITY, AT ANY PRICE)
大里酒精製造所(現ニッカウヰスキー門司工場)設立
大日本塩業(後の日塩)買収
日本輪業(後のニチリン)、東工業より分離独立
東洋製糖買収
第一次世界大戦勃発 関連画像を見る
大正4 1915 南洋製糖、日本金属(後の彦島製錬)、沖見初炭鉱(後の大倉鉱業)、宜蘭殖産を創立
満鉄より大連油房(後の豊年製油を経てJ-オイルミルズ)を譲り受く
鈴木よね緑綬褒章を受ける
関連画像を見る
大正5 1916 本店移転(東川崎町1丁目、旧みかどホテル)
播磨造船所(後のIHI)設立
鳥羽造船所を買収
六十五銀行(後の三井住友銀行)に出資
帝国染料・日本火薬製造(後の日本化薬)を設立(共同出資)
佐賀紡績(後のダイワボウ)に出資
ロンドン支店・高畑、小林、小川三氏に宛て「天下三分の書」を発す
関連画像を見る
大正6 1917 売上高15億4,000万円を達成し、三井物産の10億9,500万円を大きく凌ぐ(日本一の総合商社に)
浪華倉庫設立(後の澁澤倉庫)
大阪浪華造船所買収
東洋燐寸(後の兼松日産農林)設立
関連画像を見る
大正7 1918 米騒動により本店焼き討ちさる
金子直吉、米国大使モリスとの日米船鉄交換協約成立の労に対し、正六位に叙せられる
東工業より分離独立し帝国人造絹糸(後の帝人)設立
帝国石油(後の旭石油、昭和シェル石油)買収
日本冶金(後の東邦金属)、鈴木商店直営樟脳工場が日本樟脳(後の日本精化)に合流
第一次世界大戦終結
日米船鉄交換協約
米騒動起る
関連画像を見る
大正8 1919 太陽曹達(後の太陽鉱工)を創立
国際汽船(後の商船三井)に共同出資
旭石油(後の昭和シェル石油)設立
信越電力(後の東京電力)に出資
日本セルロイド、大日本セルロイド(後のダイセル)に合流
再製樟脳(後の日本香料薬品、日本テルペン化学)設立
三国紡績(後のシキボウ)設立
帝国炭業を創立
関連画像を見る
反動不況・破綻へ 大正9 1920 資本金を5,000万円に増資
代表社員・鈴木よね、社員・岩治郎(二代目)、岩蔵、金子、柳田。本店支配人西川文蔵死去(享年46歳)
新日本火災海上(後の三井住友海上火災保険)設立
支那樟脳設立
大里製粉・札幌製粉が日本製粉と合併
鈴木よね紺綬褒章を受ける
年末に本社移転(東川崎町1丁目→海岸通10番)
関連画像を見る
大正10 1921 Kライン誕生
東海製油所を設立
米星煙草(後の双日ジーエムシー)設立
大田川水電に出資
スタンダード油脂(後の日油)設立
関連画像を見る
大正11 1922 豊年製油(後のJ-オイルミルズ)を創立
帝国樟脳(後の太陽林産)設立
東京無線電機(後の帝国通信工業、三桂製作所)設立
大陸木材(後の王子木材緑化)設立
帝国石油が旭石油(後の昭和シェル石油)へ合流
ワシントン軍縮会議 関連画像を見る
株式会社と合名会社の二重組織時代 大正12 1923 組織変更:(合)鈴木商店を鈴木合名会社に改め、貿易部門分離し、(株)鈴木商店を創設
日本クロード式窒素工業(後の下関三井化学)設立
合同油脂グリセリン(スタンダード油脂が日本グリセリンと合併、後の日油)設立
関東大震災 関連画像を見る
大正13 1924 永井幸太郎(本店支配人)、日本商業の専務に転出
豊年製油を杉山金太郎等の経営に渡す
山陽電気軌道(後のサンデン交通)に出資
第一窒素工業(後の下関三井化学)設立
天満織物(後のシキボウ)買収(三国紡績と合併)
若槻内閣成立 関連画像を見る
大正14 1925 日本エヤーブレーキ(後のナブテスコ)設立
長府土地設立(後のサンデン交通)
東亜製粉、日本製粉に合流
普通選挙法制定 関連画像を見る
大正15 1926 先代岩治郎33回忌法要
鈴木よね仏レジオン・ド・ヌール勲章を受ける
大正天皇崩御 関連画像を見る
昭和2 1927 台銀、鈴木商店との取引断絶(3/28)
鈴木商店破綻(営業停止4/2)
台湾銀行営業停止(4/18) 関連画像を見る
鈴木商店破綻後 それぞれの道 昭和3 1928 高畑誠一、永井幸太郎ら鈴木商店社員が日商(後の日商岩井、双日)設立
金子直吉は太陽曹達にて再起を図る
柳田富士松死去(享年61歳)
昭和4 1929 帝国麦酒を桜麦酒(後のサッポロビール)に改称
5月1日本社移転登記(海岸通10番→栄町通3丁目6)
昭和6 1931 満州事変
昭和7 1932 満州国建国
上海事変
昭和8 1933 債務弁済し、整理会社解散 関連画像を見る
昭和9 1934 富士写真フイルムを設立(大日本セルロイドより分離) 帝人事件
昭和11 1936 軍縮会議脱退
昭和12 1937 日支事変
日独伊防共協定成立
昭和13 1938 鈴木よね死去(86歳) 関連画像を見る
昭和14 1939 日本発条設立(日商、井上商店らが出資
旧鈴木商店鉄材部の親睦会がきっかけ)
昭和16 1941 真珠湾攻撃
昭和19 1944 金子直吉死去(79歳) 関連画像を見る
ページの先頭へ